プロフィール

パシフィカ西東京

Author:パシフィカ西東京
府中店
東京都府中市若松町1-7-4 1F&2F

立川店
東京都立川市錦町2-2-28 1F&2F

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカシーズン到来デーーーーース♪

こんにちは

乙部です☆

イルカと遊べるツアーが多くなりました


今まで通り伊東はもちろん!


新ポイント淡島
淡島はマンボウ・ドチザメなどの大型種の魚ともダイビング出来ます


夢のポイント八景島シーパラダイス
八景島シーパラダイスは水族館のフリーパス付き


イルカシーズン?到来ですね☆

この前のツアーで大瀬崎の外海にもイルカの群れが出たらしいですよ・・・・

イルカといっぱい遊びましょーーー

詳しくはツアー残席表やメンバーページをご覧下さい



スポンサーサイト

春になると・・・

おとといは海洋公園に行っていました野呂田です。

さっきザッと雨が降りました。
気温が高いときの雨は梅雨を思い起こさせますねー。
明日も海なのでポイントを選定していたのも重なり、
こいつ↓↓
DSCF2099.jpg
を思い出したので、今日はアオリイカについて書きたいと思います。

毎年このくらいの時期になると各地でアオリイカの産卵床を水中に設置し始めます。
本来、自然であれば海藻などに生み付けるのですが、
春~初夏にかけてはアオリイカの産卵が水中のイベントになっているので、
海藻などがあまり生えていないポイントなんかはこういう木をいれるんです。

伊豆周辺だと産卵床をいれていなく、自然の産卵が見られるのは江之浦くらいなんじゃないでしょうか・・・?
まあ、このように砂地に設置して貰った方が見やすいんですが。

どうしてこんなに人気があるかというと、普段は臆病で寄ることが出来ないアオリイカがこの時ばかりは向こうから寄ってきてくれるからです。
しかも、産卵期を迎えているのででかい!
産卵床のそばでじーっと待ってると産卵のため寄ってきます。
元々、ぼーっと生き物を眺めるのが好きな野呂田はこれが大好きです。

そして生み付けられた卵がこれ、↓↓
P5250032.jpg
イメージ的には白くて長い枝豆・・・?
房の中に卵が入っています。
時間が経つにつれ、だんだんと中の赤ちゃんの姿が見えるようになってきます。

他の生き物の卵は大体、他の生き物に狙われます。
卵は栄養価が高いのでいい餌になるんですねー。
しかし、このアオリイカの卵は他の生き物に狙われることはありません。
(産卵床にウツボが住み着いてる事がありますが、これは卵ではなく親のイカを狙っています)

どうしてアオリイカの卵だけ狙われないかというと・・・


それは海で実際に見たときにお話しますねー!

産卵時期は大体今月下旬から7月半ばくらいまでです。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

ハンマーヘッド

去年からスタートしている府中立川オリジナルツアーとして、
大瀬崎ボートツアーがあります。

沼津ICを降りてすぐで港へ到着。
大瀬崎の外海近辺まで船で20分。
陸路を行くのに比べてだいぶ早く着くことが出来ます。

さらに面白いのが船長さんが漁で取れたハンマーヘッドやら、
メジロやらエイやらを水中に入るときにくれること。

DSCF2778.jpg

これ、撮影場所は大瀬湾内です。
別チームが大瀬ボートに来ているときに、
野呂田&千里チームは湾内で潜っていました。
その時頂いたハンマー。
湾内へランデヴー。

もちろん、他のチームの方達はびっくり!
OW講習の人たちが見てびびるといけないので、
水深18m以深まで持っていきました。

さて・・・このハンマー君、その後どうなったでしょう・・・?

答えは野呂田か千里までお尋ね下さい・・・。


あ、サメはほんとに鮫肌です。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

冬の風物詩

20090131.jpg

冬の風物詩的な生物は色々いますが、やっぱり人気なのはこのクマドリカエルアンコウですかね。
例年、クリスマス時期くらいから現れ始めます。
ちょうどクリスマスカラーなので、なんとも狙ってる感がありますね。
同じ時期にはピカチューなんかもいますが、個体数が少ないのは断然こちらのクマドリ。

名前の通りアンコウの仲間ですが、本物のアンコウがダイビングエリアに現れるのも冬。
大瀬では今年も現れているようです。
アンコウは深場の砂地によく現れますが、特に西伊豆方面が多いです。
というのも駿河湾は一気に水深が深くなっているので、
深海ものが多く生息している&浅場まで移動しやすいのです。

同じような生息域の生物にはタカアシガニなんかもいます。
タカアシガニも西伊豆の名物。
グルメにはたまらない冬の西伊豆です。

<今日の府中店>
平田さん、野呂田、アオの男店番です。

<今日の立川店>
ちーとなぎがいます。
なぎはEFRコースです。

<今日の海>
あづさんがプール講習に行っています。
なんと!いつも使っていたペガサスダイビングプールがぼやで使用不可に!
ということでいつもより少し小さいプールに行っています。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。