プロフィール

パシフィカ西東京

Author:パシフィカ西東京
府中店
東京都府中市若松町1-7-4 1F&2F

立川店
東京都立川市錦町2-2-28 1F&2F

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春になると・・・

おとといは海洋公園に行っていました野呂田です。

さっきザッと雨が降りました。
気温が高いときの雨は梅雨を思い起こさせますねー。
明日も海なのでポイントを選定していたのも重なり、
こいつ↓↓
DSCF2099.jpg
を思い出したので、今日はアオリイカについて書きたいと思います。

毎年このくらいの時期になると各地でアオリイカの産卵床を水中に設置し始めます。
本来、自然であれば海藻などに生み付けるのですが、
春~初夏にかけてはアオリイカの産卵が水中のイベントになっているので、
海藻などがあまり生えていないポイントなんかはこういう木をいれるんです。

伊豆周辺だと産卵床をいれていなく、自然の産卵が見られるのは江之浦くらいなんじゃないでしょうか・・・?
まあ、このように砂地に設置して貰った方が見やすいんですが。

どうしてこんなに人気があるかというと、普段は臆病で寄ることが出来ないアオリイカがこの時ばかりは向こうから寄ってきてくれるからです。
しかも、産卵期を迎えているのででかい!
産卵床のそばでじーっと待ってると産卵のため寄ってきます。
元々、ぼーっと生き物を眺めるのが好きな野呂田はこれが大好きです。

そして生み付けられた卵がこれ、↓↓
P5250032.jpg
イメージ的には白くて長い枝豆・・・?
房の中に卵が入っています。
時間が経つにつれ、だんだんと中の赤ちゃんの姿が見えるようになってきます。

他の生き物の卵は大体、他の生き物に狙われます。
卵は栄養価が高いのでいい餌になるんですねー。
しかし、このアオリイカの卵は他の生き物に狙われることはありません。
(産卵床にウツボが住み着いてる事がありますが、これは卵ではなく親のイカを狙っています)

どうしてアオリイカの卵だけ狙われないかというと・・・


それは海で実際に見たときにお話しますねー!

産卵時期は大体今月下旬から7月半ばくらいまでです。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< 閉店間際の・・・ | ホーム | 水中クローズアップレンズ  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。